« 金色のガッシュ!! | トップページ | TS-10+塩ビタイヤでドリフト »

2008/06/10

秋葉原通り魔 事件

 トラックバックを頂いた、「しなぷす」blogさんの記事を読んでみると、なかなか詳細がまとめられてて、事件の背景を知ることができます。

 しかも犯人が書き込んだと思われる掲示板には、殺人直前までの行動が書かれており、けっこうショックというか、この時点で誰か何とかできなかったの?という思いもあります。

 リンク先には2chでの情報も載ってますが、なかなかツボをついた投稿を拾っており、2chってこういう事件レポートと言いますか、現場の目撃者の書き込みがあったりして、事件を客観的に見るには非常に優れた面があることは認める必要があるでしょう。
 特にマスコミがTVの前では見せない現場取材を客観的に知ることができる点では、2chに敵うものはない気がします。(玉石混合・・というか圧倒的に石が多いですけどね)

 まぁ先の記事でも書きましたが、こういうセンセーショナルな事件、しかも現場がアキバとなれば、オタクとかメイドとか、そういったものと結び付け、分かりやすさを求めるマスコミの気持ちも分からなくはないですが、あまりにも予定調和すぎて、滑稽というかお粗末というか。

朝日新聞を見てたら、こんな記事が。
銃刀規制強化「よく考える」 秋葉原事件で町村官房長官
 
 サバイバルナイフがダメなら、文化包丁でも刺身包丁(刃渡り25cmとか)でも雑貨屋で買えますし、その気になれば鉄板を削りだしてナイフに仕立てることくらい、工具があれば簡単なこと。ナイフ規制(銃刀法)をしたところで何の意味もない。拳銃だって法律で禁止されているにも関わらず、手に入れてブッ放す人が後を絶たないわけだし。
 ついでにホームセンターにいけばチェーンソーだってあるし、大型のカッターとか、植木用の強力なハサミだってあるし、ともかく銃刀法で規制することに意味は無いと思う。
 そんなことを規制する前に政府はもっとやることあるんじゃないの?と思ったり。

|

« 金色のガッシュ!! | トップページ | TS-10+塩ビタイヤでドリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原通り魔 事件:

« 金色のガッシュ!! | トップページ | TS-10+塩ビタイヤでドリフト »