« 猫の恩返し | トップページ | 近場のサーキット »

2008/07/05

M-03六角穴ネジ化キット 説明書(前編)

 TAMIYAの「M-03/M-03M/M-03L」(Mシャーシ)を六角ネジ化するためのM-03六角穴ネジ化キットの取り扱い説明書です。
 基本的にM-03 MINI COOPER RACINGの組立てキットの説明書を元に説明しています。M-03M、M-03Lとの違いは、シャーシの長さ、またはエクステンションの有無だけです。M-03Rにも使えますが、ネジの数が異なりますので基本的に非対応となります。

 六角穴ネジ化キットに含まれるネジはシャーシのみで、ボディ側のネジは含みません。またフリクションダンパーのネジ類、サスシャフトも除外します。

 この説明書は基本的な六角ネジのセットとなる「M-03六角穴ネジ化キット STAGE-I」と、M3×14mmの段付きネジを六角穴ネジ化する「M-03六角穴ネジ化キット STAGE-II」の両方を組み込んでいます。

 以下、超長くなるので例によって折りたたみ。

※写真をクリックすると拡大します。

【1:デフギヤの組立て】

080704_001

デフギヤを組み立てます。
M-03やTT-01系のギヤデフには9mmのシムワッシャが付けられるのですが、これの大きさってちょっと特殊なんですよね~。
080704_002

内径が9.5mm、外径が14.8mmとなっています。このサイズのワッシャは規格品ではないので、普通のネジ屋やとかホームセンターで売ってません。というわけで、失くさないよう注意しましょう。ほんとはもう少しギヤを重くしたいので、厚みのある同径のワッシャが欲しいのですが売ってないので、タミヤ・カスタマーサービスから買うしかないかな・・・。

080704_003

 ギヤデフの組立ては特に難しい点はありません。説明書では付属のグリスを塗ることになってますが、今回はアンチウェアグリスを入れてます。

 ギヤデフ外側にハメる9mmのシムには今回モリブデングリスを塗ってます。ここはセラミックグリスでも何でもOKかと。

080704_004

【2:ギヤの取り付け】

080704_005

 M-03で使うベアリングは、1150サイズ×12個、850サイズ×2個。
 タミヤから発売されているM-03用ベアリングキットには、専用のシャフトも同梱され高価です。なのでサードパーティから出ている汎用の1150/850サイズのベアリングを個別に手に入れるか、タミヤのOP-1025 TT-01 TYPE-E フルベアリングセットを流用する方が安上がりです。

080704_006

 スパーギヤに1150と850ベアリングを付けるわけですが、850ベアリングは奥まで突っ込む必要があるので写真のように同梱されている、十字レンチを使ってベアリングを押し込みます。 

080704_008

 あとはベアリングを各所にハメこみ、カウンターギヤなどを取り付けます。

080704_007

 続いてバッテリーホルダーを六角穴ネジ化キット STAGE-I のM3×10mmを2本使って固定します。

【3:ギヤケースの組立て】

080704_009

 ギヤケース兼シャーシを組立てます。シャーシを閉める前にギヤ類へのグリスアップをお忘れなく。

080704_010

 使うネジは六角穴ネジ化キット STAGE-I 
・バッテリーホルダー M3×10mm×2本
・ギヤケース M3×10mm×4本
 を使って組み立てます。

 シャーシのネジこみは比較的に力が要るため、グリップの太い六角ドライバーの使用をオススメします。

【4:フロントアームの組立て】

080704_011

 フロントアームを2組作ります。
 ここで使うネジは六角穴ネジ化キット STAGE-I のM3×10mm×2本です。

【5:フロントアームの取り付け】

080704_012

 フロントアームを取り付けます。今回はOP-301 タミヤ  ステンレスサスシャフトセットを使用しています。

080704_013

 続いてフロントのアッパーアームを取り付けます。

080704_025

 キット標準ではM3×14mmの段付きネジ(写真右)を使いますが、六角穴ネジ化キット STAGE-II を使う場合は、M3×14mmの六角穴ネジ×2本と、テフロンスペーサ(A)をネジ1本につき2個(写真左)使用して取り付けます。
 取り付け方は、写真のようにネジにあらかじめスペーサを1個入れ、

080704_015_2

 ネジを通してから残りのスペーサを入れて、最後にフロントアッパーアームをネジで締め込みます。

080704_014

 ネジはきつく締めすぎないよう注意してください。アッパーアームを指で持ってプラプラと自由に動く程度の締め加減にしてください。
 またスペーサが緩いように(ガタ)感じる場合は、スペーサの外側にグリスを塗ってください。そしてネジを締めたあとハミ出たグリスは拭き取ってください。なお塗るグリスはアンチウェアグリスでもOKですが、動きがかなり重くなるのでモリブデンやセラミックグリスの使用をオススメします。なお、ガタつきが感じられない場合はグリスを塗らなくてもOKです。この部分のガタは樹脂成型部品側の精度に左右されるため、臨機応変に対処する必要があります。

080704_016

 アッパーアームを組立てたら、ジョイントカップにOリングを入れて、デフに差し込みます。

【6:フロントアクスルの組立て】

080704_017

アクスルホルダーにピロボールを立てます。

080704_018

フロントホイルアクスルに軸受け(またはベアリング)を入れてから、アクスルホルダーに挿しこみ、

080704_019

Cハブキャリアを組み立てます。
Cハブキャリアを留めるネジはキットに付属のものです。
本当は、この部分も六角ネジ化する予定だったのですが、ちょうどいいサイズのスペーサなどが見つからないので、現時点ではこの仕様となります。

またユニバーサルシャフトを一緒に組み込む場合は、Cハブを組み立てる前にユニバーサルシャフトを入れましょう。
【タミヤ OP-597 M03アッセンブリーユニバーサルシャフト】
080704_020

ユニバーサルシャフトを組み立てる際に、イモネジを締め込みますが、

080704_021

このとき、イモネジにネジロック剤を塗布しておくとトラブル防止になります。

080704_022

ユニバーサルシャフトを入れるとこんな感じになります。ユニバーサルシャフトのジョイント部分にアンチウェアグリスを塗るのをお忘れなく。

【7:フロントアスクルの取り付け】

六角穴ネジ化キット STAGE-II を使う場合は、M3×14mmの六角穴ネジ×2本と、テフロンスペーサ(A)をネジ1本につき2個使用して取り付けます。ただし、内側になるテフロンスペーサの頭部分はカットして挿入してください。

080704_023

テフロンスペーサは非常に柔らかいため、カッターで簡単にカットできます。ニッパーでもカットできますが、切りすぎる恐れがあるため注意してください。カットするのは内側だけです。

080704_024

組み立てるとこのようになります。サスアームがスルスルと動くかどうか、この時点でしっかり確認しましょう。渋かったり重かったりする場合は、六角穴ネジの締め付けを弱めてください。

【8:ピニオンギヤの取り付け】

080704_026

 モーターに紙製のプレートを挿入してから、ピニオンギヤを取り付けます。
 M-03のモーターは、TT-01と同じブリキ缶のRS-540SHが付いてました。そしてナゼかコンデンサ(ノイズキラー)が付いてませんでした。うーむ。
 ピニオンギヤのイモネジにはネジロック剤を付けておきましょう。

イモネジはこの時点で軽く締めこむ程度にしておき、

080704_027

 キットに付属のピニオンストッパーを取り付けてピニオンギヤの位置を確定してから、イモネジをキッチリ締めましょう。

【9:モーターの取り付け】

080704_028

キット標準のピニオンは20Tなので、写真の位置で固定します。
モーターを固定するは、六角穴ネジ化キット STAGE-I のM3×22mm×2本です。またピニオンギヤのバックラッシュを確認する窓をカバーする部分はM3×10mmのネジを使います。
タミヤ OP-344 M03アルミヒートシンクを使用する場合は、OP-344に付属するネジをお使いください。

ピニオン18Tを使用する場合は、青いラインの穴、16Tを使用する場合は赤いラインの穴にネジを通します。
M-03のギヤは0.6モジュールですので、タミヤのAVピニオンが使えます。
タミヤ SP-356 0.6モジュール AVピニオンセット20T、21T
タミヤ SP-355 0.6モジュール AVピニオンセット18T、19T
タミヤ SP-354 0.6モジュール AVピニオンセット16T、17T

しかし、なんでタミヤのピニオンは2個セットなのだろう? 偶数歯の16T/18T/20Tセットみたいのを出せばいいのに・・と常々思ってたりします。

長くなりましたので、後編に続きます

|

« 猫の恩返し | トップページ | 近場のサーキット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43552/22070014

この記事へのトラックバック一覧です: M-03六角穴ネジ化キット 説明書(前編):

« 猫の恩返し | トップページ | 近場のサーキット »