« タミヤ ポルシェ カイエンS 完成 | トップページ | TAMIYA Shop Onlineで買えるTA01パーツ »

2011/06/16

タミヤ ポルシェ カイエンS 走行インプレッション

Etc60

本日は農作業お休み。(疲れがピークで朝起き上がれなかったw)
まぁ二夜続けてカイエンS作ってたせいもありますが(笑

それはともかく、久々の晴天! というわけで、
午後からプライベートサーキットで走らせてみました。

Etc61

ボディサイズが大きいこともあって、スケール感抜群!
汚れた感じが、たまらなくカッコええ。買ってよかった。

さて走行インプレッションですが、
RS-540SH+Ni-MH3300mAという組み合わせでも、
ノーマルタイヤはオフロード向きじゃないのは予想どおり。
平らで固い地面の上だとケツ振りまくりです。
それでもプライベートRCコースの草生やし放題な路面では、
そこそこ食ってくれるし、火山灰部分では砂塵を巻き上げてドリフトするので
ちょうどいい迫力。
普段、ブラシレスRCばっかり走らせてるので、
RS-540SHはかなり遅く感じますが、
スケールモデルのラリーカーとしては、ちょうどいいスピードかもしれません。
でも遅いので、モーターは交換しますw

ダンパーですが、取説では#1000のハードオイルとなってますが、
うちの路面だと#1000は固すぎなのは明白なので#300のソフトをチョイス。
走らせてみると、やはり#300で丁度いいくらいでした。(#500くらいでもイイかもしれず)

大きめのタイヤで4WDということもあり、思ったよりスタックせず走れました。
また一度も横転しなかったバランスの良さは、驚きでした。
後ろが跳ねるのは、前後重量比の問題なのか、
それともダンパーセッティングなのかは、分かりませんが、
それでも横転せずに走れる絶妙なバランスという感じです。

問題もいくつか発生。
2パック目に突入したら、前後のポリカなボディバンパー部品が相次いで脱落。

Etc62

この部品、オフロードというかラフロードを走らせるなら、
最初から外して走った方がいいようです。ディスプレイ用ですなw

そしてステアリングが時々、右に切れなくなる現象。
これは、バスタブなシャーシが、こんな風に、

Etc63

砂や石がたまってしまい、ステアリングロッドに干渉してしまうため。
まぁ火山灰路面で走らせてる人は少ないと思うので、
我が家特有の症状かもしれませんが。

そしてバッテリーが抜けん(笑
これも砂や石が入り込んでしまうため。
防塵キャビネットを作るか、
それともシャーシに穴を抜けて石を抜けやすくするか。
いずれにしても何か対策をしないと・・・。
エアコンプレッサあるので掃除はラクですけど、
なかったら、掃除、すげー大変そう(^^;)

TA01という20年前のシャーシにも関わらず、
RS-540SHで走らせてる限りは、十分なサスペンション。
ややナロートレッドとか、タイヤとか、細かいこと言えばキリありませんが、
それでも全てが破綻なく収まってるのは、さすがタミヤ、という所でしょうか。

さてスケール感を壊さず、グリップするタイヤを探さねば。
そして砂塵対策も。

|

« タミヤ ポルシェ カイエンS 完成 | トップページ | TAMIYA Shop Onlineで買えるTA01パーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ ポルシェ カイエンS 走行インプレッション:

« タミヤ ポルシェ カイエンS 完成 | トップページ | TAMIYA Shop Onlineで買えるTA01パーツ »