« AMD A6-9500 | トップページ | タミヤ ワイルドワンオフローダー その1 »

2019/04/03

AC延長コードを自作。

ACコード、テーブルタップ、延長コード・・・
AC電源ケーブルの呼び名はイロイロありますが、
普通は既製品(吊るし)を買うのが手っ取り早く、大抵の場合安価です。

けれど既製品では微妙に長さが合わない、なんてことはよくあります。
1mでも2mでもなく、1.6mが欲しいとか、
5cmでも30cmでもなく、15cmのACコードが欲しいとか。

そんな時はACコードを自作してしまうのが一番。

Ac1

材料費は、市販品を買うのと同等程度で済みます。
ただし、真面目に作ると工具代が掛かるという欠点もあります。

 

それでも工具は、いずれ役に立つのでムダになりません(たぶんw)

では、材料の紹介。いずれもホームセンターや通販で購入できます。

Ac2

まずはACコード。ACコードにはイロイロ種類があります。
VVFとか丸キャブタイとか、ベル線とか・・・。
テーブルタップや延長コードに使うなら「平型ビニールケーブル」(VFFケーブルとも言います)がいいでしょう。
VFFケーブルは中の電線が撚り線(複数の細い電線を束ねたもの)になっていて、ケーブルに柔軟性があります。
似た名前のケーブルとして「VVF」というのがありますが、こちらは単線のため柔軟性が無いので要注意です。
この平型ケーブル、中の電線の断面積により、0.75、1.25、2.0と種類があります。

何が違うのか。
断面積が大きいほど電流(=電力)が流せます
具体的には、
0.75 = 7A = 約700Wまで
1.25 = 12A = 約1200Wまで
2..0 = 17A = 約1500Wまで(ケーブル自体は1700Wまで)
※製品によって多少前後します。

一般的に売られているテーブルタップは、1200Wまたは1500Wとなっていますが、
1200Wの製品は 1.25、1500Wのものは2.0の電線が使われています。

ではどのケーブルを買うのがベストなのか。
ACアダプタを繋ぐくらいなら1.25の製品でもOKですが、個人的には2.0の製品をオススメします。
大は小を兼ねますので・・・。

VFF 2.0、長さ10m巻で1000〜1200円程度で売られています。

続いてコネクタ。
単純な延長コードなら Panasonic製をオススメします。
というか、コレ以外は選択肢にならない、というくらいメジャーです。

もっとも安価なのはオス・メスがセットになったWH4515Pです。
(ベター小型コードコネクタ)
 Ac3

Ac4

なんとオス・メスセットで定価でたったの230円!
(大抵のお店では定価で売ってます、なぜかamazonでは400円超えてましたけど)

10mのケーブルと合わせて1200〜1400円ほどで 10mの延長コードを作れます。
・・・あまり安く感じませんね(笑)

コネクタとケーブル、あとはカッターやニッパーがあれば、それで作ることもできちゃうのですが、
より確実な固定をするなら通称「丸端子」と呼ばれるものを使用します。

Ac5

こんな製品です。写真のはホームセンターでよく見かけるELPAの製品。
15個入りで、200円前後です。

この製品もイロイロ種類があって初見だとどれを買えばいいの???となるのですが、
前述した電線の断面積が関係してきます。

例えば「R2-4」という製品だと断面積2.0m㎡に対応し内径が4mm(4.3mm)という意味。
コネクタにWH4515Pを使うなら、

「R2-3.5」(製品型番PS-060H、2.0m㎡、内径3.7mm)がオススメです。
というか、コレ以外は合いません。

この端子は「丸型圧着端子」という部品で、名の通り「圧着」して電線とコネクタを繋ぎます。
そんなわけで圧着する工具も必要となります。

1000〜2000円くらいで売られているこんなペンチ。

P438

これでも用は足りなくもないのですが、正直圧着品質に疑問がでます。

というわけで、個人的にはコレをオススメします。

Ac6

ロブテックス(ロブスター)のAK-2MA。
これの特徴は、軽くて握りやすく確実に圧着してくれること。
0.3/0.5/1.25/2.0/3.3/5.5m㎡の電線(スリーブ)に対応。
似た製品に、AK-1MAという製品もありますが、こちらは1.25と2.0のみ対応。
100V ACコードを作るならどちらでもOKですが価格は変わらないので、
より対応幅の広いAK-2MAをオススメします。

さて作り方です。

Ac7

電線を任意の長さに切ったら、2cmほどケーブルを割きます。
続いて先端部分をカッターやケーブルストリッパーで5-6mm程度剥きます。

Ac8

圧着ペンチに丸型圧着端子を挟みます。このとき丸型端子部分の向きが重要です。写真のようになっていればOK

Ac9

Ac10

Ac11

平型コードを根本までちゃんと差し込んで最後まで握り込めば圧着完了。
丸型圧着端子の裏側に「2」と刻印されていれば正しく圧着できてます。

Ac12

Ac13

あとは、ACコードにネジ止めして完成!

Ac14

Ac15

|

« AMD A6-9500 | トップページ | タミヤ ワイルドワンオフローダー その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AMD A6-9500 | トップページ | タミヤ ワイルドワンオフローダー その1 »