カテゴリー「自転車 (FELT)」の39件の記事

2015/01/05

FELT Z2 2015 フレームキット

FELT Z2 2015モデルのフレームキットが登場しました。
特徴は何と言っても油圧/機械式のDISCブレーキ対応フレームという点。
そしてフルカーボン仕様。
実売で17~18万円と、ハイエンドフレームとしては破格に安い。
Zシリーズはコンフォートだけど、DISC対応の“ロードバイク”という意義は大きい。
F65Xのコンポネーント移植しちゃおーかなーと思うほどに魅力的なフレームです。
でも相変わらず、BBはBB30で、シートポストのクランプは30.6mmというFELT仕様な点だけが、残念です。
なおケーブルはインフレーム化が可能な点もポイントが高い。
ライトウェイの製品紹介ページはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/04

センターロックの完組ホイル

F65Xの軽量化を日々考えてるわけですが、
やはりホイル交換は避けられない。
フルクラムのRED Metal 29 XRP AFSセンターロック、
こいつは前後で1635gと、かなり軽量。
価格もその分、お高めですが・・。
SHIMANOのMT-55/29erのために買ったセンターロックのディスクブレーキが遊んでる状態なので、それも生かせるし・・なんて妄想しつつ、このホイルが気になってます。
MTBホイルなのでロードで使うのはどうか?という気もしますが、
MT-55よりは走ってくれそうですw

去年は実現しなかった手組みホイールをイチから組む!という課題も残されたままなので、このホイルに手を出すかどうか悩ましい1年になりそう。

寮でやることもないので手組みホイールを組むなんてのは、いい時間潰し&スキルアップになるんだけど、いまいち踏み切れない(^^;) (道具も持ち込んでないし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/13

F65X リアブレーキ交換 BB7導入

45

F65XのブレーキはAVID BB5なのですが、パッドの間隔調整が片側しかできません。なのでパッドが減ってくると、ダイヤル回して調整してもイマイチ効きが悪く、音鳴りもするので、結局台座のネジを緩めてアタリ調整することに・・・。
一つ上のBB7では、ダイヤルが両側に付いてるため、調整範囲が広い!というわけで、お試しにリアだけ、BB7にしてみました。北広島市にあるオカモトサイクルさんで取り寄せて貰ったのですが、140mmローター付きでお値段、10500円(税込み)。高いッス orz (注文した前月に値上げされたそうで・・・)

キットの内容はブレーキ本体、パッド、ローター(Roadリア用140mm)、台座、台座に止めるネジ、ディスクローターを固定する6本のネジ。そしてマニュアルです。ちなみに付いてくるローターは、センターロックではなく6穴タイプ。どうせならセンターロックが欲しかった。そのうち、SHMANOのHubでホイル組もうと思ってたので(^^;)

それはともかく、取り付けてみた。

44

BB5とBB7 Roadの大きな違いはもう一つ。BB5では矢印の部分に、ワイヤーテンションを調整できるグリップがあるのですが、BB7 Roadにはありません。なのでワイヤーテンションは、直接ワイヤーを引っ張って調整するしかありません。それほど大きな不都合ではありませんが、ちょっとキツめにしたい時に六角レンチ出して調整するのは、面倒かもしれず。

取り付けたばかりで、まだ走ってないので(外は雨だし)フィーリングは未確認ですが、明日は晴れそうなので、70kmくらい走ってくる予定です。パッド面積が広くなったのと、BB5よりも調整の追い込みが出来てるので、期待「大」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F65Xのシートクランプ

先日、購入した赤いシートクランプ。

20130918_201413

が、購入したのはφ31.8mm。
F65Xのシートクランプは、φ30.6mmなんですよね・・・。
過去に調べて、自分で記事化したクセにすっかり忘れてた orz

でも改めて思い返すと通販サイトで30.6mmってほとんど見たことが無い。
一応ググると、FELT純正部品が通販で手に入る模様。

ついでにシートクランプサイズの種類を調べると、
27.2 / 28.6 / 30.0 / 30.6 / 30.9 / 31.8 / 34.9(35) / 38.2mm
・・・多すぎ(笑) 
採用が多いのは、27.2 / 28.6 / 31.8 / 34.9の4つ。
まぁ、それはいいとして、F65Xにカラフルなシートクランプを付けるのは無理なのか?
とググったら、Wiggleで発見。
Salsa Flip Lock QRという商品。
さすが、Wiggle、何でもあるなぁ・・・と思ったら30.6はブラックのみ orz

ちなみにシートポストはφ27.2mmと普通なF65X。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/18

F65X Black and Red コーディネート

バーテープとサドルを赤にしたので、
他のパーツも赤にしてみることに。

まずはシートクランプと、コラムのスペーサー。
どちらも、レッド・アルマイトでキレイです。

20130918_201413

取り付けはそのうち・・。

続いてアウターワイヤーのカラーリング。
とりあえず、Jagwireのを買ってみた。

こちらも取り付けはそのうち(笑)
手始めに、リアのブレーキワイヤーを変えてみて雰囲気を見てから他のワイヤーをどうするか考えたいと思います。

実はリアのブレーキをBB-5からBB-7に変える予定で、その際にアウターワイヤーも変えようと思ってたのですが、BB-7を注文したお店から、まだ入荷連絡が無く・・。(すでに3週間)

リアのBB-5のパッドがヘタってきたのと、やはり調整幅が狭く、リアホイルを外すだけで微妙にアタリがズレてしまうので、調整幅が広いBB-7に期待!というわけで注文した次第。しかし、いつ届くのだろうか(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/24

F65X サドルを交換してみた

バーテープを赤にしたらサドルの色が気になり、交換してみた。

39

色はブラック&レッドで、派手じゃないものを選択。
モノは、ミニベロで有名なTernの純正部品「Kore Road Performance」という製品。

さて、この製品、どのOEM?と思ったらVEROでした。
まぁデザインがVEROっぽいなぁ・・と思ってたけど(^^;)
そうえいば、F65XのサドルはドコのOEM?と思って、
取り外して裏をひっくり返すと、・・・あ、VEROだ!
そんなわけで写真です。

続きを読む "F65X サドルを交換してみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/19

F65X 携帯ポンプを交換してみた。

交換したのはブリジストンのPM-SP08という携帯ポンプ。

これ、欲しかった機能が全部入ってます。
(1)仏・米バルブ対応
(2)ハンドルはT字
(3)フロアポンプとして使うためのフットベースが付いてる
(4)空気口は、ホースで伸ばせるのでバルブに無理な力が掛からない
(5)空気圧メーター(PSI、kpa、kg/cm)が付いてる
(6)ボトル台座アタッチメントが付いてる

これだけ揃って重量は180gです。さすがにちょっと長めですが細身なので、ボトル台座に付けても邪魔になりません。

37

フレームが黒なので、目立たない点もGood!!です。

以前使ってた、Panaracerの、

続きを読む "F65X 携帯ポンプを交換してみた。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F65X バーテープ交換

30

F65Xのバーテープがボロボロになったので、バーテープを交換することに。

交換するなら、色を変えてみよう!ということでBBBの一番安いコルク・バーテープ(BHT-01シリーズ)を購入。色は赤。

32

セットにはバーテープ2本とキャップ2個が同梱されてます。
端処理のテープも入ってますが、短いのでビニールテープを巻いた方がいいと思います。

このバーテープは実売で1000円しない程度。購入したのは普通のレッドです。

続きを読む "F65X バーテープ交換"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/31

2013年 F65X 初走行。

ようやく雪解けが進んだ北海道。
とはいえ、田畑はまだ一面、雪ですが(^^;)
幹線道路は走れる状態になったので、本日走ってきました。

が、気温は2℃くらい。飛ばすと体感温度は一気にマイナスですw

29

さて、去年とタイヤを替えたので軽くインプレッション。

続きを読む "2013年 F65X 初走行。"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012/12/11

ペダル:SHIMANO PD-A600のメンテ

 FELT F65Xに取り付けてたペダル、SHIMANO PD-A600 (ULTEGRAグレード)。片面のSPDペダルです。購入時に両面のPD-M540/M520と迷ったのですが、軽いという理由でA600を選択。まぁ見た目もロードバイクならPD-A600でしょう。PD-MシリーズはMTB向けなので、ちょっとデザインが・・・。ロードバイクならSPD-L対応という選択肢もあるのですが、ツーリング先で歩くことも多いので私はSPD派です。というか歩く靴は、大抵SPD対応で、SPD-L対応だと、長距離や長時間歩くのは無理なので(^^;)

【即納】シマノ PD-A60...

【即納】シマノ PD-A60...
価格:6,980円(税込、送料別)

シマノ  両面SPDペダル ...

シマノ  両面SPDペダル ...
価格:6,500円(税込、送料別)

 このペダル、片面SPDなので足元を見ずにロックするには、いつもペダルが正しい位置にあることが、とても重要。靴を載せない状態で、必ずペダルは(90度ではありませんが)垂直になります。そのため、つま先でペダルをすくい上げる、倒すようにしてペダルを水平にしてから靴底を載せ、ロックします。

 しかし今年後半、左右でペダルが静止する位置が異なることがあり、ロックできん?と思ったら裏面になってた!なんてことが、度々ありました。この原因は至って簡単、単にペダルが渋くなってきてるから。漕ぐ分には、抵抗を感じないものの、ロックする時にいつもの位置に無いというのが問題なわけです。

 そんなわけでPD-A600のメンテ。

続きを読む "ペダル:SHIMANO PD-A600のメンテ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)