カテゴリー「RC TECH RACING TS-10」の37件の記事

2008/07/31

そろそろ・・・

本日も軽く走らせてたのですが、

・センタープーリーから異音 → また緩んだらしい
・スパーギヤ そろそろ寿命
・ベルトの歯飛びのような音が? → ベルトテンション要調整
・なんか駆動系が重い? → ベアリング要洗浄
・塩ビ・ドリフトタイヤ → そろそろ寿命なので再切り出しが必要

 しばらく完バラメンテしてなかったので、そろそろ完バラして再セットアップをする必要がありそうです。ドリフトタイヤがかなり磨耗して、旋回に変なクセが出てきたので、タイヤをそろそろ新調しないとダメっぽい。

 その前に試してみたかった、ビニールテープを巻いて走らせてみました。これがまた、丁度いいグリップを発揮して、ドリフト8の字走行がピタリと決まる! やっぱりタイヤは偉大だなーと思いつつ、3分も走るとビニールテープがボロボロになって剥がれる始末。でもこのグリップ感は魅力的。
 これに近いグリップのあるロングライフなタイヤが欲しい・・・というか作りたい。そんなわけで塩ビタイヤを利用して表面に貼り付ける、新たな素材を只今捜索中。
 適度に滑って、適度にグリップして、減りにくくて安価な素材・・・大昔タミヤが作ってたサンドイッチタイヤ、現行だとヨコモのゼロワンRタイヤのようなモノを考えてます。



【ヨコモ ZR-DR21 WORK EMOTION CR-KAI(ゼロワンRタイヤ付) 1720円】

【ヨコモ ZR-DR02スーパードリフトタイヤゼロワンR 798円】

【ホイル8本セット 780円】

↑1本あたり100円以下。お買い得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TS-10に新モデル。

 久しぶりにTECH RACINGのWeb見たら、TS-10に2つのパッケージが追加されてました。 8/5発売だそうです・・・ってドコで買えるの? 著名なRCショップの通販サイトには全然、予約の文字が無いんですけど・・・。

080731a

どちらもD-SPIRITベースで、
・カウンターエディション
・カスタムパッケージ
の2つ。

 カウンターエディションはフロントワンウェイ+36T専用ワンウェイプーリー+ユニバーサルジョイント(フロントのみ)という構成。つまりドリパケライトと同じ思想。
 前後のプーリー比を変えてリアをブレイクしやすくして、フルカウンターでコーナーを抜けるらしいですけど、それってタイヤの選択肢がえらく狭まる気がする。(つまり巻き巻きになりやすいような?) ちなみにノーマルは35Tプーリー。

 カスタムパッケージは7点ロールバー、ユニバーサルジョイント(フロント)、ウレタンバンパー、ダミーボンベがセットされてる模様。

 カウンターエディションはちょっと試してみたい気もする。定価26800円なので実売21800とか23800くらいかな?売ってれば、だけど(笑
 つか21800円としても、TA-05 IFS-Rの安売り店と同じ価格くらい。
 TS-10はG-FRPのダブルデッキで、TRF-415に近いものがあるけど、やっぱり割高だよなぁと思ったりします。ダンパーもフリクションだし。
 TS-10の足周りはTRF-415にそっくりです。というかTRF-415はテックレーシングとの共同開発なので、同社のメデューサ(MY07)が似てるというか同じというか。その延長線上にあるTS-10も似てるというか足回りを流用しているので同じなわけですが・・・。
 そう考えるとTS-10は決して高くはないんですけどね。どっかで売ってるの見かけたら買うかもしれない^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/30

本日もTS-10。

本日も夕方、時間が空いたのでTS-10を走らせました。

途中、蚊に刺されてしまい、集中力が切れました orz 
そろそろ塩ビタイヤより、もうちょいグリップが欲しい感じです。どんなタイヤ作ろうかな。 明日はグリップで走らせる予定。(暇があれば。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/07/28

久しぶりにTS-10

080501_ts10l

 ニューバッテリーのテストも兼ねて、久しぶりにTS-10に火を入れました。ってGPじゃなくてEPなので、雷を入れました・・・ニュアンスが違うな。「回しました」ってあたり?それとも「電気入れました」そのままやんけ・・・。電動だけどやっぱり「火を入れました」かな。

 それは置いといて、

続きを読む "久しぶりにTS-10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/11

TS-10+塩ビタイヤでドリフト

 放置状態だったTS-10ですが、HIVP管(耐衝撃性硬質塩化ビニル管)を切り出したついでにTS-10に履かせて試してみました。

続きを読む "TS-10+塩ビタイヤでドリフト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/03

ボディ リペア虎の巻?

 せっかく購入したランチアデルタ ボディのフロントがバキバキに割れてきたので、修復することに。
 一般的にはタミヤのグラステープと、シューグーというのが定番のようですがなんか割高だな・・・と思い、ECふぁくとりーでも扱えて、いいものないかなーと探して使ったのはコチラ。

続きを読む "ボディ リペア虎の巻?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/02

塩ビ管でドリフトタイヤを作ってみた

080602b

塩ビパイプでドリフトタイヤを作ってみました。
ブツは
左(赤茶色)が 耐熱塩化ビニールパイプ HT 50ミリ(給湯用)
右(灰紺色)が 耐衝撃塩化ビニールパイプ HI 50ミリ(耐衝撃管、給水用)

 どちらも1mで購入。HT管は1mで1995円。HI管は同じく892円でした。 切断は、パイプ取り付け金具で固定して、ハンドソー、つまり片手持ちのノコギリと糸鋸の中間みたいなモノでカットしました。

 楽天で画像探したけど持ってるタイプのは見つからず、代わりに塩ビ用のノコギリを発見。

マルチパイプ(塩ビ)用ノコギリ MSP-230
楽天:プロ工具にDIY モンジュSHOP 882円

 手持ちのは一応、歯はプラスチック・アクリル対応だったのですが、思ったほどよく切れず orz ↑これ買っちゃおうかな。(こうやって工具が増えていく・・)

 で、カットすること30分くらい。

続きを読む "塩ビ管でドリフトタイヤを作ってみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

セッティングピット台

 TS-10のメンテをぼちぼちやりながら、やっぱりリバウンド量や車高を計るのに、真平らな物体が欲しいよなーと思うこの頃。

 で、近所の知り合いのガラス屋さんを尋ねた際にいろいろ聞いてみました。 0.5mm単位で調整するとして、最適な(平滑度の高い)物質って何でしょうね~って話をしたら、

1:強化ガラスは平面の歪み(公称差)が0.3mmくらいある
2:10mmの普通(?)のガラスなら、誤差は0.1mm以下
3:アクリル 圏外
4:ABS樹脂 論外
5:アルミ 外部圧で歪むので不適合
6:鉄 熱で縮小・膨張するので、そういう用途に向かない

 という感じでガラス屋から見た平滑度というか誤差は通常のガラス(10mm以上)が最適だそうです。というのも、このクラスのガラスになると大きな窓に使われるため、微妙な歪みや凹みはそのまま光の反射となって見えてしまうため、平滑度が高いそうな。 言われてみれば、なるほどーって感じ。まぁ使われる用途によってもガラスの質とか変わるらしいんですが、そこで取り扱っている大型窓用の厚いガラスがとりあえず一番という話でした。

 ただガラスは重くて、破損が恐いな・・と思ったのですが、裏面と四隅にゴムマットというかウレタンで囲ってしまえば問題なく使えるかも?ということを構想中。 近いうちに端材となったガラス板を加工して貰って使ってみようと思います。 
 基本的に切りっぱなし(最低限のR加工)になると思います。その分、価格は下げられると思いますが、それでも一流品のガラスなので、価格はそこそこするかもしれません。 見積もりが取れれば、ECふぁくとり~の方でも取り扱いたいと思います。
 ちなみにガラスは、アルミやアクリルよりも、耐油性、耐熱性、耐薬品性、表面硬度の全てにおいて優れているのは皆さんご存知の通り。ブレーキクリーナーを吹きかけようが、オイルが飛び散ろうが変色したり溶けたりしません。 重さと耐衝撃性にさえ目を瞑れば、実は最適なピットマットなんじゃないか?と思うこの頃です。

 ちなみにRC用のマットに、このガラス製が少ないのは小さく切ると割に合わないのが大きな理由らしいです。つまり割高ってことですね。(まさにうちのサイトにうってつけの製品かもしれない(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/26

TS-10 G-FLAME しばし休息

 やはりセンタープーリーが緩んでしまう件が解決できず、根本的な対策をするまで放置することに決定!
 まぁ対策方法は見えてるんだけど加工が面倒なので・・・。センタープーリーのネジ留め箇所を2箇所ないし3箇所にして固定すればOKなんだけど、円柱だから垂直にドリル入れるのが難しいんですよねぇ・・・。失敗すると買いなおしだし(笑
 もしくはより強力なネジロック剤・・・いっそ瞬間接着しちまうか?とか考えております。でも瞬着すると、最悪外れなくなる恐れもあるしな・・・と悩み中。

 というわけで、しばらくはタムギヤとTT-01でいきます。
 そして只今風邪ひき中につき、更新はやや停滞気味です orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/24

TS-10 G-FLAME やっぱり緩む

 昼間、ドリフトの練習でも・・・と走らせたのですが、ネジロックとかダブルネジとかで対策したセンタープーリーとスパーギヤが、またもや緩むという結果に・・・。
 リアデフをネジロック剤を使ってほぼロックさせてみたのですが、これにより駆動系にかかる負担が激増したため、というのは理屈では分かるのですが、まかさ1パックで緩んでしまうとは! また何か対策を考えないダメのようです。

 リアデフをロックすると、まぁ滑ること滑ること。 確かにこれならドリフトさせやすい。 挙動的には動画投稿サイトとかで見るドリパケに近い感じで、あぁ、これがRCドリフトの基本かーと改めて思ったわけですが、個人的には、やっぱりなんか違和感があるんですよね・・・・。
 これなら、リアをロックしないTS-10 G-FLAME素の状態でドリフトさせるほうが、自分がやりたいドリフトに近い感じがします。なんというか、ラリーとか峠的なドリフト? 高速で突っ込んでスライドしながら“曲がる”ってのをやりたいわけで、と自分の中の目標というか、やりたいことが見つかった感じです。

 しかし、この車、やっぱりセンターデフかワンウェイ、あるいはフロントワンウェイ欲しいですね~。グリップ寄りのドリフトを身上とするなら、センタープーリーへの負担を減らす意味でも、どちらかを買わないとダメかもしれません。 けど只今超金欠なので買えない orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)